【温泉・宿泊】

武田尾温泉(たけだおおんせん)は、兵庫県西宮市・宝塚市にある温泉。関西の「奥座敷」とも称される。交通機関・車を利用して、神戸・大阪から約30分で到着する。対岸に馳渡山 (かけわたりやま)がある。寛永18年(1641年)豊臣方の落ち武者であった武田尾直蔵が薪拾いの際に発見した湯であり、地名もそこから来ている。
水上勉の小説『櫻守』の舞台にもなった。 山崎豊子の小説『晴着』の舞台でもある。 ※ウィキペディアより


※河鹿荘さんとマルキ旅館さんは、旅行サイトのホームページをご確認ください。