西谷の紹介

西谷の歴史

Map
江戸時代 江戸時代 兵庫の5国

明治2年(1869年)

明治政府の廃藩置県により「摂津国」の八部郡、菟原郡、武庫郡、川辺郡、有馬郡ほかに分割
明治4年(1871年) 兵庫県に再編(現在の神戸市、西宮市、芦屋市、宝塚市、尼崎市、伊丹市、川西市、三田市、川辺郡に相当

明治11年(1879年)

郡区町村再編により、神戸区、八部郡、菟原郡、武庫郡、川辺郡、有馬郡に再編
明治22年(1889年) 4月1日 - 町村制の施行により、上佐曽利村・下佐曽利村・香合新田・大原野村・長谷村・芝辻新田村・波豆村・境野村・玉瀬村・切畑村・平井村(飛地)・寺畑村(飛地)の区域をもって発足。
明治32年(1900年) 府県郡制により神戸市、武庫郡、川辺郡、有馬郡となる
昭和29年(1954年) 4月1日宝塚町と良元村が併合して宝塚市発足
昭和30年(1955年) 3月14日 西谷村と長尾村を宝塚市に編入

※明治廃藩置県以降の変遷地図は、外部サイトより旧地図を掲載させていただいております。